コラムの記事一覧

学校の選び方あれこれ

学校の選び方はやはりその先生方の教育方針と自分たちの方針の相性が良いところを選ぶとよいと判断しています。エリート校である場合そういった青少年の能力を伸ばす訓練を受けた教師の方が多いと考えられますのでやはりいいと考えられます。

あまりそういった技術を持ち合わせていない学校に行くと先生の教育方針に従わないと問題になるといった考えの先生もいるので、そういった先生だと生徒を伸ばしてあげようもしくは能力を開発させてあげようと考えていない、もしくは考えていても間違った方法である場合もあります。

よってそういった場合は自分たちが望んでいる教育の方法をとっている先生方なのか十分に考慮した後に入学を希望したほうが良いかと考えられます。新しい大切な子供時代を過ごす場所ですので本当に慎重に選ぶとよいと判断しています。逆にいい先生に出会えるとそれこそ人生が変わってしまうほどの発展と成長を見込める場合もあり、そういう幸せな、ラッキーな出会いができると本当に素晴らしい限りです。またそういった技術を持ち得る先生はもっと国自体も優遇してほしいと考えてしまうほどです。大切にそして安全に成長を促さなくてはならない仕事ですので本当に責任重大だからです。

続きを読む

こどもの習い事による将来への影響

自分のこどもにどんな習い事をさせようか、というのは、親ならみんな考えたことがあると思います。小学生でも高学年や、中学生くらいになれば、こどものやりたい事をさせてあげるという選択もありますが、もっと小さい頃は、親の選択のみで子供への影響が大きく変わってきます。ではどのように習い事を選べばいいのか、その考え方をいくつか書いてみたいと思います。

まず、将来役に立つスキルを身につけるための習い事です。いわゆる英会話とか、ペン習字とか、学習塾とかですね。どれもいずれ授業で必要になるスキルで、周りからおいていかれることがないように、人より先に学び慣れることを目的としています。勉強の出来いかんは、こどもの将来に直接影響する大事なことですね。次に、こどもが自信を持てるための習い事です。体操とかサッカーとか、いわゆるスポーツ系が該当しますね。こどもにとって運動が出来るということは大きな自信の要素であり、またコミュニケーションも良好にします。体育や運動会など、多くの人の目に触れる機会も多くありますね。最後に、親の希望による習い事です。これは習い事の内容ではなく、親の熱意の違いです。「この子をサッカー選手にしたい」「アイドルにしたい」など親の希望が強く、その為にこどもに対して厳しくなってしまう傾向があります。努力によって開花する才能はありますが、しかしこどものストレスになってしまわないように気をつけてあげたいところですね。

いずれも、習い事はこどもの生活スタイルや人間関係に大きく影響します。まだ小さいうちは習い事も親が選ぶことになりますが、こどもとしっかりコミュニケーションをとって、今こどもがこの習い事をどう思っているのかを把握してあげましょう。上手く出来れば褒めてあげて、失敗しても怒らず、励ましてあげてください。習い事はこども間のコミュニケーションだけでなく、家族の絆も深くしてくれますよ。

続きを読む

小学校受験の差のあり方について

少しでも、自分のお子さんをイイ学校へ行かせてそこを卒業させて良い就職先へ行かせたり良い条件での経済的独立をさせてあげたい。きっとこういった保護者や親御さんなどのような方が、世の中には多くおられることと思います。しかしながら、こういった希望を叶えさせたりするには、お子さんである児童に受験勉強などをさせて、入学試験を受験させて合格をさせる必要性がどうしてもあります。こうした現実がありますので、幼児期からさせる小学校受験などに関しては、やはり幼い頃からかなりなプレッシャーを与える可能性がありますので、慎重に検討をしていかなければなりません。

本当にこの小学校受験や幼稚園受験などのような幼児期からの受験勉強は、やり方を間違えたりすると幼児期であるお子さん自身の心身面において何らかの悪影響などを与えたりしてしまう恐れが大いに有り得ます。このため、決して無理などをさせたりする事はできません。こうした無理などが、小学校受験における成績面での差といった原因である場合も少なくはありません。

また、なるだけ無理をさせたりしない方法としては、やはりお子さんに合わない予備校や受験教室とかに行かせたりするよりも、WEB上や紙面上において内容を掲載している小学校受験新聞などをはじめとする情報誌を親子などで読み、それを参考にしながら受験対策を立てたりするほうが無難といえるかもしれません。低コストで無駄な時間なども省けますので、情報収集などを効率よく行うには良いかもしれません。

続きを読む

カテゴリー